ORIGINAL CAR

SCOOT 4RE RX-7[FD3S]


当社のデモカーを紹介します。
製作開始は2002年。
4ローターのFD3Sを製作したきっかけは、
「787Bのような快音を実現できるか?」という発想から。
ストリートを走る前提で13Bよりも幅の薄い12Aという、
一世代前のロータリーエンジンを使用しました。

その結果、13Bの3ローターとほぼ同寸で4ローターを搭載することができたのです。
しかし、2003年のオートサロン出展を目指すも、製作は予想以上に難航…。

2003年7月にFISCOで開催された“走るオートサロン パワーツアー”に、
前代未聞の4ローターエンジンを搭載しつつも、
FRP白ゲルの外装に内装レスという状態で初お披露目。
ここから半年かけて製作し、無事に2004年の東京オートサロンへ出展し、
北海道、福岡とオートサロン巡業も同時にこなしました。


パワーは以前のデモカーが700psオーバーだったのに対して、
この4ローターはNAということもあり約350ps。
4ローターにしか出せない快音がコンセプトでしたので、
8000rpmも回せば、誰からも褒めていただけるサウンドとなっています。



オリジナル製作したワイドボディは1.9m。
数字だけで見ると大きすぎると思いますが、
実車を見ていただくと、バランスの良い迫力だと思います。

あえてGTウイングは付けていません。
実際はウイングが無くても大丈夫なように
ボディ下面に少々の工夫と、
サスペンションのセッティングでクリアしています。



ドアを半分から切断し、Aピラーとオリジナルダンパーで支えるガルウイング。
ドアを半分にすることで、ボディ剛性は大幅に向上します。
DTMなどのレーシングカーも同様の方法です。

テールランプは、グロリア用を流用しました。
「グロリアのスパーカーなんてあるんだなぁ~!」と、
近所を歩いていたお父さんに言われたのは実話です。


約2年という月日をかけて製作した12Aの4ローターは、
予定通りの位置でFD3Sのエンジンルームに収まりました。
フロントミッドシップで、2ローターの位置と同等です。

2年の大半はエキセントリックシャフトの製作です。
精度は当然、芯や耐久性、構造などさまざまな角度から研究し、
やっと形になったというワケです。


この12A・4ローターの制御にはパワーFCを2ローターに1基ずつの2基を使い、
最大8000rpmまで使える仕様になっています。
もちろん、今後も研究を続けて、9000rpm以上を常用できるよう企んでいる
発展途上とも言えるユニットです。
ミッションはFD3Sの純正5速ミッションを使用しています。







.