SCOOT DAMPER


オリジナルの車高調整式ダンパー
【SCOOTダンパー】をご紹介します。

その前に、なぜにショックアブソーバー(ダンパー)の製作が出来ているのかその経緯のお話。

1980年後半、チューニング業界から離れレース業界へと転換した時期、その頃はバブル全盛。
それまでは有力メーカーのダンパーを使い、仕様変更に関してもメーカーに委ねるしか無かった。
ところが私が所属していたチームはレースにおけるマージンとして独占的にダンパー性能を
コントロールしたいが為、ダンパーテスターの導入とともに、オリジナルの仕様の開発に至り
走ってはドライバーのインフォメーション及びデータロガー解析、その場で仕様変更なども含め
出来る限りの部品テストも繰り返し、膨大なデーターを取得しながら行っておりました。

チームから離れたその後は、ダンパーサプライヤーとしてチームとの契約を行いながら
フォーミュラー日本、スーパーGTのダンパーを手がけると共にF1用試作依頼等行ってました。

現在に至っては量産車に力を入れ、スポーツ性能の向上、街乗りにおける走安性を
両立出来る仕様を目指し、ニーズに合った製品になるよう開発できるよう体制を整えております。

つまり
スクートダンパーは、よくある既製品の仕様変更サスペンションではありません。

シムの一枚からシリンダーケース、ピストンといった
ダンパーの構成部品の全てが今までの自分の目と経験から
オリジナルで製作したパーツ群で組み上げています。

また、ダンパーの構成部品をオリジナルにしただけでは完成しません。

オリジナルパーツで構成したパーツ群の中から培ってきたデータを基に
シリンダー内部の部品組み合わせ、
ダンパーオイルやガス圧などの調整も視野に入れ
仕様を決定しております。
全てがオーダーメイドという感覚で捉えてもらって構いません。

用途としても
街乗り重視で、年に数回のサーキット走行
サーキット(周回・ゼロヨン・ドリフト)重視等
ご要望にお答えします。






設定車種以外のオーダー車高調の製作も承ります。
足回りにご不満の方は。買い換える前にご相談ください。

コーナーウエイトを使ったアライメント設定で、
車種やオーナー様に合った仕様へのセッティングもおこなっております。

お問い合わせ

ダンパーテスター



ダンパーテスターを使い、当社のデータをベースに、
ユーザー様の好みや、乗り方、ステージに合わせ製作します。

また、オーバーホール時には現状の解析をして、
対策や次の方向性などを決定します。

輸入車や社外車高調の設定のない車種もお気軽にお問い合わせください。




SCOOT DAMPER STD

製品のスプリングの色は基本的に前後統一されます
製品のスプリングの色は基本的に前後統一されます

完全オリジナル製作が基本のスクートダンパーですが、
街乗りからサーキットに向けたスタンダードスペック(STD)を設定しました。

オリジナルは、ユーザーさんの使うステージや
運転特性に合わせたセッティングとなっていますが、
スタンダードは、当社のデータをベースに製作したキットです。

キット構成
ダンパー・アッパーマウント・スプリング

RX-7(FD3S) 36万8000円(税別)
※税抜き価格です
SKYLINE GT-R(R32/R33/R34)
37万8000円(税別)
減衰力は無段階調整式で、スプリングは
【FD3S】
フロント:16kg/mm リヤ:14kg/mm
【GT-R】
フロント:12~14kg/mm リヤ:8~12kg/mm

現在RX-8用を開発しています。

SCOOT DAMPER


現在装着しているサスペンションの
スプリングやアッパーマウントを活かすキットです。

出荷前にユーザーさんと相談し
ニーズに合わせた減衰力をセッティング行います。
愛車のフィーリングアップから、
サーキットでのタイムアップなどのセッティングが可能です。

ダンパー単体(1台分) 28万円~
※税抜き価格です
.